一戸建て購入記録

私が一戸建てを購入するまでにやったこと

ブログ

一戸建ての広い家が私たち家族の理想でした

昨年、軽井沢 物件を購入しました。2人目の子供が生まれて、家も狭くなりましたし、私たち家族の夢だったマイホームを手に入れることができて嬉しいです。いろいろと、不動産屋さんの新築のモデルルームを見ましたが、一生で一番高い買い物なので、自分たちが使いやすく、過ごしやすい間取りにしたかたったので注文住宅にしました。仕事で出張などが多いので、家に久し振りにかえって来ると、落ち着く感じがして嬉しい気分になります。子供たちもひろびろしているので、いつも楽しそうに走り回っています。35年の長期ローンでの購入のため、これからとてつもない長い期間支払って行くことになりますが、逆にそれも楽しみの一部として働いていきたいと思います。これから、子供がどんどん成長していきますが、その中でも家族全員がやすらげる場所となっていってくれると思うので、綺麗に大切にしていきたいと思っています。これから一戸建てを購入する予定の方には、いろんなところを見学して自分の納得いく間取りをイメージすることをオススメします。ちゃんとイメージしておくと購入して実際に住んだ時に、イメージ通りいくとなんとも気持ちが良い物なのです。きっと満足できると思います。

一戸建ての寿命について考えること

「一戸建てを立てるぞ」と思い、私の家も立ててから早30年が経ち子供達も巣立ち、夫婦の生活になりました。仕事も終え定年後の完全リタイアです。仕事中は毎日の忙しさで、家も事は頭にありませんでした。定年後時間が出来家の状態が少しずつ実感としてわかってきます。家の問題は色々出てきていますが、どれも簡単なものではありません。屋根の冬のすが漏りの問題、庭の塀のL型ブロック劣化崩壊の可能性の問題、バスユニットの老巧化、トイレの利便性の問題、沢山出てきます。リフォームを考えてはいますが、どこまでどう行うかが問題です。私の浅学の感想ですが、どうも満足する治し方は新しく造るのとほぼ同じか、下手をするともっと高くなるのではと思い始めました。それは、リフォームの中で水回りを中心にまず設備関連は、ほぼ一新してしまわないとこの先耐えられないこと、それの費用が結構すること、坪単価ではないですね。それに間取り変更が加わります。この先の高齢車生活を考えると、生活しやすくしないとの考えが先に立ちバリアフリーを考慮すればするほど、30年前に立てた間取りと衝突します。実家では4年ほど前に40年過ぎの家を、最終的にリフォームではなく立て替えてしまいました。そのままでは旧居住の制約がありすぎ、二世帯住宅にはリフォーム出来なかったからです。我が家は、夫婦だけの生活空間ですから、選択肢は壊れているところだけを治すのみにするか、先の先まで考えてリフォームを施すか。これが家の課題になっています。感覚的に昔のように古いけど100年住宅はありえず、30~35年で修繕して、修繕を繰り返して、50年、保って60年ではないかと思っています。そう考えると、今の土地を手放し、生まれ育った川口あたりの新築マンションでも購入した方が、修繕も必要なく、横の動きで全て済むので、更に老体になるであろう事を視野にいれるといいのかなとも考えたりしています。どちらにしても、次の決断で終の住処が決まるんですよね。

吉祥寺は本当に良いところ

私の住んでいる吉祥寺は本当に良いところだと、自分でも思います。まず交通の便が本当によいところが気にいっています。電車では沢山の線が通っていますし、渋谷に出るにもすぐに出られるし、中央線を利用すれば新宿などの主要都市にも20分足らずでついてしまうというかなり立地の良い土地です。私は職場も都心にある為、中央線をよく利用しているのですが、とても快適ですよ。それに緑も多く子供を育てるにも非常に良い環境だと思っています。今は賃貸暮らしですが、いつかは戸建てがほしいとおもっているぐらいです。値段は相当高いですね。吉祥寺という名前が今はブランド化されているので、その分付加価値が乗っていて、人気もさることながら値段も驚く程高いです。武蔵野市という観点から見れば、吉祥寺の近くでも値段が安くなるところは沢山ありますので、吉祥寺からはそれ程遠く無く、安く購入出来そうな場所は購入したいと思っています。いつかは家庭を持って、井の頭公園とかに休日家族で遊びにいって、子供の喜ぶ顔を見ていたい物ですね。その為には今の仕事を頑張って昇進して、沢山お給料を貰わないといけないと思っています。武蔵野市 不動産を購入する。これが今の私の夢ですね。